アスミール集

アスミールは一日に何回飲む必要がある??

 

 

基本的に1日の飲む量としては、スプーンすりきり2杯(6g)が目安量とされています。

 

スプーン2杯に対し、キンキンの牛乳の場合には、100mlを合わせてシェイカーでミックスすれば完成です!

 

アスミールを溶かした100mlの牛乳を飲んだら1日分の飲用終了です。

 

そんなアスミールだが、それのみでいいというのでしょうか。

 

何度かに分割して飲用する方が望ましいのではないのでしょうか・・・

 

 

1日1回で十分

結局のところ、これといって飲用する頻度を分割しなくても何の問題もありません。

 

つまり、1度でスプーン2杯分(6g)を飲用したらその日はフィニッシュで問題はないとのことです。

 

ってのも、アスミールは薬じゃありません。

サプリメントなので、どの状況で飲んだらいいという規則もないです。

 

飲めるときに飲用するというやり方で構いません。

 

とりわけお子様は、飲めるシーンというのは確立されています。

 

お食事やお菓子のときなどです。

違和感がないタイミングというものですね。

 

何もないときに強引にアスミールを飲ませようとすると、敬遠されるケースがありますから、飲ませられる際に飲ませるという手段に越した事はないかも知れません。

 

分けて飲ませた方が効果的と聞いたんですが・・・

ありふれた話しですが、

アスミールなどのサプリメントなんかは飲む時間によって効能が異なってくるといった意見をよく耳にします。

 

お腹がペコペコである時に飲用した方が吸収率が高めだとか、

朝は軽度の絶食状況だから何よりも先に胃に入ってくるものの吸収率がとんでもなく良い!

等々色んな言葉が見受けられます。

 

このようなことに関しては諸々の説ありますから、何が正解だとはこちらのページではお伝えできませんが、このアスミールの製造元はさほど細かいリサーチはしてないそうなんです。

 

ですが、飲むのはお子さんですよね。

 

上記で書いたように、お子さんが何の問題もなく飲める時間に飲ませるのが、お子さんに悪影響をもたらさないからベストなのかもしれません。

 

 

もし、効き目のある時間帯などがあったならば具体的に分けて飲ませるのもぜんぜんいいと言えます。

 

ただそういったケースでは、

「ん?朝アスミール飲ませたかいな?」っとなることがないように、きちんとお世話していくことが重要です。

 

仮に、勘違いして飲用させてしまったとしても、スプーン1杯くらい余分に飲用させても問題ないと公表されています。

 

でも飲ませすぎはNGですので気をつかって飲用させていきましょうね^^