アスミール集

アスミールで下痢をするってほんとうなの!?

アスミールは小さい子供さんに飲ませるんですが、幼稚園児位の幼い子供たちに飲用させたら腹を壊したりしないか親としても不安になってしまいますよね・・・

今回に関しては我が子どもに飲用させた時の胃腸の様子をご案内させていただきます。

アスミールで下痢をしたことは今まで一度もありません

結論から言うと、我が子どもはアスミールを飲用し下痢をしたことは一度もないと断言します。


我が家の子は4歳ですが、1日6gという規則に沿った容量を飲用しいます。

ごく稀に、美味いといって「アイスにふりかける」とか発してくれるので、おまけでもう6g、トータルで1日12gあげたこともあります。


食事したあとで、「少々与えすぎたかな?」と悔やんだこともありますが、そういった時でも我が家の子どもは下痢をしたことがないです。
アスミールを飲用し始めて6カ月以上経過しますが、何の問題もありません。

 

アスミールで下痢は起こしません

私はずい分と警戒深いので、アスミールを買う前に、これでもかってくらいにオペレーターに問い合わせたことがあるのです。

 

Q:アスミールを4歳ほどの子どもに飲ませるのですが、反作用とかお腹を壊したりしないのですか?
 
 
A:アスミールは薬じゃありませんので反作用などは起きないでしょう。
いつものお食事としてご賞味いただければと考えています。
胃腸が緩々になるということも絶対にあり得ません。

 

というご返答でありました。
腹部が緩々になる原料は言うまでもなく含まれていません。
ですから、アスミールが下痢の根底的な元凶ということは無いと思います。

 

 

アスミールで下痢をした場合に考えられる原因

アスミールを飲用させて下痢や腹部が緩々になるということは、推定できるのは恐らく牛乳等ではないのでしょうか。


アスミールは基本的に牛乳で溶いて飲用します。

1日2杯とか飲むってなると、それだけ牛乳の量も増加します。


牛乳に慣れていなければ、ひょっとしたら牛乳でお腹が緩々になる根源かもしれないですね。

 

アスミールは牛乳が飲めるようになったら飲用することが可能です。


ざっと1歳半くらいから飲用することが可能だということです。
そんなちっちゃいお子さんには、やはり不安になりますから、少しずつ飲ませると良いと思います。
アスミールは数多くの栄養素が含有されています。


なれていないで飲ませると胃腸がビックリすることも考えられるんでね。

 

 

これに関しては製造会社も飲ませ方のサポートや助言をしています。

「ちっちゃいお子さんには、規定の半分の容量からスタートしていただくと良いですよ」
とのことです。


我が家の子どもは4歳の時点で6g以上飲用させてもぜんぜん平気ですが、ちっちゃいお子さんは気を付けながら少しずつ飲ませると安心できると思いますよ。