アスミール集

アスミールにはアレルギー成分があるらしい!!

 

こどもの成長期をサポートする飲み物の代表格として、アスミールという飲料があります。

 

 

そんなアスミールにはアレルギー成分が含まれてるのを知っていましたか??

 

ここでは、アスミールのアレルギー成分について触れています。

ご参考にどうぞ!!

 

 

アスミールのアレルギー成分とは??

アスミールに含まれるアレルギー成分。

 

アスミールには、原料の一部に

それは、大豆です。

 

大豆が含有されれているので、大豆アレルギーを患ってる人は、飲んでも大丈夫なのかを医師に問い合わせた方が良いですよ。

 

 

それ以外のアレルギーにおいては特に心配する必要が無いので心配ご無用です。

 

 

アスミールが牛乳アレルギーで飲めない!そんな時は・・・

アスミールは、

「飲用するときに牛乳で溶いて飲用する」という飲み方がオススメされています。

 

 

当たり前といえば当たり前の話ですが、

牛乳アレルギーを持っている方は、牛乳で溶いて飲めません。

 

 

ですので、そういったケースではミネラルウォーターやお湯で溶いて飲用するようにすれば問題ないです。

 

アスミールに含まれる成分に牛乳等は含有されていませんので、溶化する時に牛乳をいれなければいいと思います。

 

  • ミネラルウォーターやお湯ではどうしても腑に落ちない。
  • 子供さんが飲用してくれない。

 

そういったケースでは、ミネラルウォーターやお湯だけじゃなくても、小振りにカットしたバナナにふりかけてご賞味いただいても大丈夫なんです。

 

一般的に見てアイスやヨーグルトでも可能と公表されています。

牛乳アレルギーの子供さんにとってはほんの少しやっかいなので、ココア風味になってもテイストが落ちることがない、もしくは美味くなる物に振りかけて堪能する事ができます。

 

アスミールのレシピ本の中には、スープに隠し味として入れたり、パンに練り込んでオーブンでこんがり焼いたりなどが書かれています。

 

つまり、何種類かのアレンジができるという事です。

 

 

アスミールは一日に6g(スプーン2杯分)なので、たいして多量じゃありません。

 

本格的な味の美味しいスイーツにサラリと振りかけて食べてみてはどうでしょうか。